普通なことに感謝

今日は久しぶりにいいお天気。
この夏、特に8月に入ってからというもの
雨の降らない日はなく青空がずっと覗くことも珍しかったので
普段なら「9月になってもまだ暑い~」と文句を言うところですが
暑さも久しぶりで懐かしい感じです。

雨が降っても出来ない土砂の撤去ですが
暑ければそれもまた過酷な条件となり複雑な気分です。

久しぶりに公園に行きお子様と遊びました。
雲に覆われながらも良いお天気。
この暑さを感じたのが随分昔のことのようです。

IMG_1472

安佐南区と安佐北区の土砂災害が起きたのは
前夜にものすごい雷が鳴ったその後でした。
私は家の中にいたのでその雨の量は正直よくわかっていませんでした。
雨の音をかき消すくらいの激しい雷がひっきりなしに鳴っており
そちらに気を取られて気が付かなかったのです。

私の家は被害がなかったのですが
娘の近しい人がお亡くなりになったり
私の実家の墓が建っている緑井墓苑が土砂崩れで壊滅的な被害を受け
私の祖父と祖母の眠るお墓が土の中なのか流されたのか
それさえもわからないような状態です。

わっかのご利用者様の中にも
避難生活を送られた方が数名おられます。
本当にこの夏はとんでもないことになってしまいました。
思えば今年の原爆投下の日も雨でした。

こうしてお子様と遊んでいること。
元気でブログを書いていること。
全ての普通のことがありがたく感じます。

安佐北区の人間として何かするべき事があるはず。
そしてそれは一過性の感情ではなく最後まで続けなければ。
失った命と失った風景を想うたび、感じます。

ご近所の花壇のお花が美しかったので
お子様と一緒にながめました。

IMG_1480


Follow Me!

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。