Baby&Bunny

今日は午後からRちゃんのお預かり。
春にお預かりした時はねんね期で人見知りがなかったのですが
もうお座りもハイハイもできるようになっていて
ママ命女子になっておられました。

ママが恋しくて思わずドアの前へ。
愛されていますね、ママ。

IMG_2365

その後、夕方から夜にかけてHちゃんのお宅へ。
お父様が英語圏の方なので英語でお話しされるご一家。
就園前のHちゃんの会話は英語が多いのです。

お散歩の途中で可愛いうさぎの置物をみて
「バニィ」と教えてくれました。

IMG_2384

恥ずかしながら英語は日本人に必要ないわと
中学生時代に早々と英語から落ちこぼれたおばちゃんは
「ばにぃ・・・?らびっとではないのね???」
と思いつつ確かにバニーガールって言葉もあるよね~と。

あとからお父様に質問したら(ちなみにお父様は日本語ぺらぺら)
「どっちでも大丈夫!」とのことでした。
Hちゃんのおかげで落ちこぼれのおばちゃんは
2歳のHちゃんの覚えた英語で英語を習っております。

これってまさに、子どもが言葉を覚えていく過程を体験できるのです。

例えば。
お父様やお母様がHちゃんに英語で何かを話される。

出てくる単語はところどころわかるので、ざっとした意味は理解できる。

これかな?と思い想像してやってみる。

「そうだよ!いい子だね」とほめられる。

嬉しくなる。

結果的に言葉の意味を理解して覚える。

ついでにおばちゃんも覚える。(トシだからすぐ忘れるけど)

Hちゃんが道すがら目にしたものを指さして
英語の名詞をつぶやくと、私も覚えます。
そして覚えた言葉は嬉しくなって使いたくなります。
私もうさぎを見たら「バニィ」と言ってしまいますもん。

こうしてみると大人の関わりは大事なんだなと実感します。
目に見えたものを具体的に言葉にしてみる。
子どもが「○○だ」と言ったら一緒に喜んでほめる。

忙しいとつい「はいはい」で済ませてしまったり無視したり
こちらの言ったことを理解できてないと
「何してるの」「ちがうでしょ」「何度言ったらわかるの」
と否定してしまうことが(子育て期の自分へ大いなる自己反省を込めて・・・)
ないようにしていきたいなと思うのでした。

Follow Me!
お問い合わせ

広島市中区託児所・ベビーシッター・一時預かり保育|おうち保育 わっか
☎ 082-291-7880
【電話受付】午前10時〜午後6時

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。