東京おもちゃ美術館

この連休で東京に行きました。
久々に友人にあったりスカイツリーを見に行ったり
なかなか充実した旅でした。

旅の最後に寄ったのが
四谷にある東京おもちゃ美術館です。

わっかを立ち上げる為におもちゃを揃えている頃に
自分が子どもたちのために選ぶおもちゃって
一体どんなものがいいのか??と
時間をかけていろんな店を訪ねたり
ネットで色々調べていくうちに
おもちゃについてもっと知識を深めたくなりました。

その中でおもちゃインストラクターという資格があることを知り
広島でもこの夏養成講座が開かれたのですが
すでに満席で残念ながら見送ることになりました。
次に地元で開催される時にはぜひ参加したい!

以下、公式サイトによると

【旧新宿区立四谷第四小学校の校舎を利用した
NPO法人日本グッド・トイ委員会が運営する美術館です。
実際に触って遊べる世界のおもちゃ、
伝統的な日本のおもちゃ、
心地よい手触りの木のおもちゃなど、
100カ国1万5千点の展示物があります。

ということなのです。

このノスタルジックな雰囲気が
何とも心地よく、いつまでも佇んでいたい
そんな空間でした。

木のオブジェや家具、おもちゃが
わかりやすく、センス良く展示されており
この日は連休最終日ということもあり
たくさんの親子連れでにぎわっていました。

素敵なスペースがあって画像を撮りたかったのですが
たくさんの方がおられて顔が写ってしまうので
こんな感じでちょっとだけ撮影。

こういう棚欲しいな。

展示を楽しんだ後は販売のお部屋で
じっくりわっかのお子様用におもちゃを選びました。
ネットでも買えるとは思ったけど
しかも荷物が重くなるので悩んだけど・・・。

おもちゃを実際に手にとってお店の方と話をして
作者の意図を知ったり子どもの顔を思い浮かべたり
そういう過程も必要な気がしました。

今あるおもちゃは自分の子どもに買ったおもちゃや
お友達から譲っていただいたおもちゃや
リサイクルショップで出会ったおもちゃが多く
(とはいえリサイクルにはいい素材のおもちゃがたまにある!)
自分で「これが欲しい」と選んで買ったおもちゃは少ないのが現状です。
ある程度数が欲しいので、素材や値段を妥協したものもあります。

そして自分で選んで求めたおもちゃはやっぱり愛しいし
繰り返し繰り返し楽しそうに遊んでくれる姿を見ると
本当に幸せを感じます。

この日、ず~~っと店内を彷徨っている私に
お店の方がアドバイスをくださって
国内の作家さんの素敵なおもちゃ2つを買って帰りました。

そのうちの1つがこれです。
見た瞬間、自分がやりたくてたまらず
次の日にお子様と一緒に楽しみました。

木の中にあるいもむしくんをマグネットの棒で引っ張る。
これがなかなかの快感。
Oちゃんも一日に何度もやっては楽しんでいました。

 


Follow Me!

関連記事

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。