信頼関係をつくるということ

わっかの家にお泊まりするのが楽しみで仕方ないHちゃん。今月はご両親のお仕事が多忙なので二回目のお泊りです。

軽い気持ちで彼女のお泊りをお受けしているわけではありません。1年半をかけて幾度もご自宅でお預かりをし、またわっかの自宅ルームでもお預かりをし、Hちゃんと保護者様と私との間に揺るぎない信頼関係が出来ていても、初めてお泊りをした時はお互いに神経が敏感になりました。いつも眠りの深いお子さんですが朝早く目が覚めて。

今では我が家のように熟睡してくれています。3歳過ぎましたから以前ほどではありませんが、それでも私は息づかいや寝返りの音が聞こえないと緊張します。

命を預かることへ預かる方も預ける方も決して油断をしてはいけないし、何より信頼関係の構築を焦ったり急いだりすることは避けたいものです。

ベビーシッターに対して、この人なら任せてもいい、と思えるまでは時間が必要なこともあります。もちろん親としての第六感も大切ですし、フィーリングもあるでしょう。

本当にいいシッターを求めておられるのでしたら、まずはわっかという組織を信頼して欲しいのです。そのためには会ったり話したりする時間が必要です。

私はホームページでできる限りの思いを伝えられるよう努力していますが、ホームページで美しい言葉や写真で飾っていてもそのサービスの本当の姿は完全にはわかりません。ビジュアル的なイメージはいくらでもごまかしがききます。

話をして雰囲気を感じてここに任せたい、という気持ちで私どもに向き合っていただける方にはスタッフも全力でお応えしたいと思います。

素晴らしいけれど、崩れるのも簡単なのが信頼関係。でも、お互いを敬う心と相手を思いやろうとする心さえ忘れなければ決して難しいことでもない。そう信じたいな。

ご両親の深い深い愛情の元に育っておられるお子様。 お世話遊びも心を込めて。

image


Follow Me!

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。