靴選び

image

小さな靴たち。お母様が履きやすくて可愛らしいものを、と探された革の靴です。見たとおり、柔らかくてしなやかにフィットしてとても履きやすそう。選んだママのセンスが感じられる素敵なデザインです。

これがなかなかの優れもの。無駄に底が厚くないので踏んだ地面の感触がよくわかるらしく、わずかな段差や張り出した木の根などの感触を感じられるためか、巧みに自分の足元をコントロールしているのです。

小さな靴だから寿命が短いから勿体無いと思うか、ファーストシューズとして良いものを与えたいと思うか。どちらも理解できるし、お子様が選べないだけにこの時期の保護者様のモノ選びは難しいですね。

image

一人ひとりの足の形も、脚力も、歩幅さも違う。どんな靴がいいのか。既製の靴がぴったりはまる人もいれば、大きすぎたり素材が合わなかったり、マメができて血が滲んでる人は靴を履く前にまずそれを直さなきゃいけない。

その靴が合っているのかどうか、見た目にはよくわからないし、綺麗に見える靴も実は窮屈だったり、じゃ草鞋でいいかというと、この現代の生活ではそうもいかない場面もある。

まさに、私たちの仕事にも当てはまるのではないだろうか。

どんな靴がいいのか、ぴったりな靴を探すには色んな靴屋を知っていなくてはならない。時にはオーダーメイドも必要になる。歩きにくい人は歩きやすさを、質を求める人にはよい素材を、険しい山登り用の靴はそれに耐えられるものを。

既製品にはないオーダーメイドのしなやかさでその人を包み込む、それこそが大切なのだと。

この靴を見て、しみじみと。
そんな私は安物のスニーカーを履いてますが(笑)

Follow Me!
お問い合わせ

広島市中区託児所・ベビーシッター・一時預かり保育|おうち保育 わっか
☎ 082-291-7880
【電話受付】午前10時〜午後6時

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。