病気の際の託児について

朝晩の気温差が激しくなって来て、体調を崩すお子様も増えて来ています。

病児保育はお電話でのお問い合わせも多いのですが、わっかでは初めてのお子様の病児保育や病児保育だけのご利用はご遠慮いただいております。

と申しますのも、家庭での看護や救命の講習を受けているとはいえ、初めてお会いしたお子様の場合は普段との差がわからないので、万が一の際の判断が難しいと考えています。

普段の健康状態を存じ上げているお子様の場合はシッターが判断してその時に応じた対応が可能ですし、保護者様との信頼関係が出来ている状態で病児保育を行いたいと思っているからです。

通常ご利用いただいている会員様へのオプションと位置付けておりますので、どうぞご理解くださいませ。

病児保育が可能な場合でも、ルームでは集団保育のため他のご利用者様がおられない場合に限り対応可能ですが、できるだけお子様の慣れているご自宅での保育をお勧めしています。

さて話は変わり最近の託児のひとコマ。

砂場でも水遊び泥遊びや裸足が楽しい季節になりました。
水たまりがある日にはカッパと長靴で、晴れた日には思いっきり砂遊び。
お母様だとこの後お買い物や家事が待っていてなかなかオッケーが出せない場合もありますよね。1人何役もこなさないといけないから大変。でも私たちは保育だけに専念できるから大丈夫です。

マンツーマン、少人数保育だからこそ、しっかり経験させてあげたいことのひとつです。

Follow Me!
お問い合わせ

広島市中区託児所・ベビーシッター・一時預かり保育|おうち保育 わっか
☎ 082-291-7880
【電話受付】午前10時〜午後6時

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。