ベビーシッタースタッフ研修

ベビーシッタースタッフの研修は定期的に行なっています。

今回は「木のおもちゃと器のお店 木ままや」オーナーの掛谷久美さんをお迎えし、遠野のわらべうたやルームのおもちゃを例にした遊びの展開についてお話を伺いました。

「絶対参加したかったのに」と涙を飲んだ欠席のスタッフも。掛谷さんもご多忙の中時間を作ってくださいました。

一時保育は0〜1歳のお子様がほとんどなのでわらべうたの重要性は肌で感じているものの、ちゃんと知っているようで知らないのがわらべうた。
ここでとても一言では表せない深いお話を伺い、スタッフは熱心に耳を傾け、一つひとつの言葉を心に刻んでいました。

早速スタッフは翌日の保育から学んだことを活かしていて嬉しかった。

さてこの日はもう1組のお客様。

園勤務時代の後輩が二児の母になって遊びに来てくれました。彼女とは短い間でしたが苦楽を共にした仲なのです。あれから何年経ったのかな。ハードな勤務だったけどお互い励ましあいながら乗り切った。いや、きっと私より彼女はもっと大変だったはずなのに、辛抱強く頑張ってた。その後もお互いに保育の仕事を続けたのは、やっぱり子どもが好きだから。

来てくれて嬉しかった。ありがとう。


Follow Me!

関連記事

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。