託児の仕事を始める、ということ

気が付いたら7月も半ばになってましたっ(;´▽`)
毎日があっという間に過ぎてしまってビックリしています。
昨日の中国新聞で広島のおうち保育事情を取り上げていただきました。
その中には今一緒に活動させていただいてる協会も紹介され
広島のママたちや託児に携わる方々の目に留まったことと思います。
そして関心を持って、困った時に思い出して欲しいと。
それぞれのおうち保育の園児受け入れ数はささやかだけど、
利用するにもママたちにとって料金的なハードルは高いけれど、
「ここがあってよかった」と思ってもらえる存在になることが出来たなら
この仕事を「あえて」選んだ保育者は、この上ない喜びです。今、自分自身で自宅を託児の現場にするという選択をして
現実として準備や様々な手続きをしていくうちに
自分自身の力がどれほど小さいものなのかと、打ちのめされることもあります。

 

個人で起業していくことが、大変だ、とは思わないけれど
世の中にはこんなにも自分の知らないことの方が多いのか・・・!
と日々驚きの連続です。
いかに今まで法人という母体で、恵まれた環境で、思う存分保育が出来ていたのか
今更ながらご縁のあった園には感謝するばかりです。

そんな中でも困った時に色々な方が手を差し伸べてくださり、一緒に考えてくださり、アドバイスをくださり。
自分一人でやっているけど、決してひとりじゃないんです。
いつも誰かが道の真ん中でコケてる私を気にしてくれて
「だいじょうぶだよ」って言ってくれる。

 

きっと今までも周りにそういう人がたくさんいてくれたはずなのに
人と比べたり、人からの評価ばかり気にかけてカッコつけて
「痛くないもん」
「一人で起きられるもん」
って、差しのべられた手を振り切って逃げてたのかもしれないな。
自分のことだけ考えてた。
若かったな!(笑)

(あ、↑このへん過去の自分と向き合ってるので意味不明だったらすみません)

子育て中のお母さんも、きっともがいてる人多い。
家族がいて、子どもがいて、でも思わず口からはため息と不満ばかり。
周りからは「幸せじゃない。何が不満なの?」って言われて
でも自分の心の中はどろどろしてて、それはお母さんだから抑えなきゃならなくて。
仕事したいし、遊びたいし、ひとりになりたい。
やりたいこといっぱい。

私たちのやっている保育は公的に認可されておらず補助もないので
ちょっとお財布には痛いかもしれないけど
自分のためにリフレッシュするためにぜひ利用していただけたら
そして「またガンバれそう!」って思っていただけたら。
そういう日が来ると信じて私も前に進んでいます。

 

開業するまでにもう少しかかってしまうかもしれませんが
今ゆっくりゆっくり前進しております。
それも周りのみんなの力があってこそだな、と強く感じています。
ありがとう。

 

Follow Me!
お問い合わせ

広島市中区託児所・ベビーシッター・一時預かり保育|おうち保育 わっか
☎ 082-291-7880
【電話受付】午前10時〜午後6時

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。