レールが伸びーる。

ご見学で男の子が3人託児ルームに遊びに来てくださいました。
女の子率の高いわっかに殿方が3人!
ご見学のお子様は一番小さなEくんなのですが
従兄弟のお兄ちゃんたちもママと一緒に来てくれました。
どんな遊びをしてくれるのかワクワクでした。

集団保育をしていると特に感じますが
男の子と女の子の遊び方はかなり違いますよね。
そして男の子がいると何かしら音がして声がして
落ちる音がして壊れる音がして(笑)

我が家の子どもたちが小学生の頃
娘の持って帰る上靴はそんなに汚れてないのに
息子の上靴は繊維の奥底まで汚れが染み込んでて
洗っても洗っても落ちやしない。
しかも傘もこの前買ったばかりなのに
すぐ曲がる、折れる、ちびる(先が)。
全く不思議だったものです。

さて、今日の男子くんたちは
早速汽車で遊んでいました。
女の子は100%おままごとから遊びに入るのに
やはりここは男の子らしさが出ていました。

IMG_3532

最初はクールに見ていた小学生のKくんも
だんだんのって来てレールを伸ばしていたのですが
そのうちサークルの中に到達すると
サークルの隙間からレールを入れることを思いつき
「わ~~!入った~~」と楽しそう。

IMG_3535

でも一番楽しそうにしていたのは
Eくんのママだったような気が♪
ママも子どもに関わるお仕事をされていたそうなので
わっかのおもちゃを見て誰よりもテンションが上がっておられて
そんなママを見ていると私も何だか嬉しくなってしまいました。

私もおもちゃを見ていると気持ちが高まります。
これでどうやって遊ぼう。
子どもたちはどんな遊び方をしてくれるんだろう。
サンタさんと同じ気持ちかな。

友達とのかかわりが大きな割合を占める集団保育と違い
一時保育でおもちゃの果たす役割はとても大きいと思います。
特に小さなお子様は「ちょっとだけお留守番」という感覚がなく
大好きなママに置いて行かれた気持ちでいっぱい。
そんな時に抱っこや語りかけで安らぎを与えるのはもちろんですが

「とりあえずここは危険な所ではなさそうだ・・・。」
「しかもちょっと楽しいし。」
「・・っていうか、ここ面白い!」

そんなプラスの感情を呼び起こしてくれるものが
木のおもちゃや柔らかい抱き人形だったりすると
安心感が違う気がするのです。
そして隣にいるおばちゃんも一緒に遊んでいるうちに
ちょっとだけ好きになってくれるといいな。
ママが帰ってくるまで時間があっという間に過ぎるかもね。


Follow Me!

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

掲載画像について

HP・ブログ・Facebookの画像は掲載許可及び掲載希望をいただいた方のみ掲載しております。またHP内絵画・アイコンは中谷アート社様のわっかオリジナル作品を使用しております。当サイトに使用した全ての画像の転載・使用は固くお断りいたします。